〒135-0047 東京都江東区富岡1-11-3
門前仲町1番出口より徒歩1
03-3643-5330

白内障

白内障とは

白内障

目はよくカメラに例えられますが、レンズの役割をするのが水晶体です。水晶体自体は透明で光をよく通しますが、加齢によって水晶体のたんぱく質(クリスタリン)は変性し、次第に白く濁っていきます。この状態が白内障です。

初期の段階でこの疾患に気づくことは稀で、病状がある程度進行すると症状が現れるようになります。具体的には、目が霞んで周囲が白く霧がかかるように見える、光をまぶしく感じて明るい場所では物が見えにくい、視力低下、眼鏡の度が急に合わなくなる――などです。

白内障は早ければ40歳前後で発症、加齢とともに進行し、80歳を超えると何らかの症状を感じる方がほとんどです。ただ、加齢以外でも全身疾患(糖尿病など)や薬(ステロイドなど)の副作用をはじめ、外傷、紫外線、喫煙などが一因となって発症することもあります。

白内障のタイプについて

水晶体が白く濁るのが白内障ですが、その濁り方というのは皆同じというわけではなく、主に4つのタイプ(皮質白内障、核白内障、前嚢下白内障、後嚢下白内障)に分類されます。なかでも水晶体の皮質に濁りが増し、自覚症状が出にくいとされる皮質白内障、水晶体の中心部分から濁り始める核白内障は、加齢が原因の白内障でよく見られるタイプです。なお、核白内障は核が硬くなることで濁るのですが、その際に屈折率が高まるので元々遠視の方はむしろ目が良くなったように感じるのも特徴です。

また、糖尿病患者の方やステロイド薬などの薬剤が原因で起きることが多いとされる後嚢下白内障は、水晶体の後ろ側にある後嚢という膜に接している箇所から濁り始めます。主な症状は、明るい場所では物が見にくいが、暗い場所では見えやすいといったことがあります。

このほかアトピー性皮膚炎の患者様によく見られるタイプとして前嚢下白内障というのもあります。これは水晶体嚢の前側にある前嚢という膜に接している箇所から濁り始めていき、まぶしさを強く感じる症状があります。

検査について

白内障が疑われる場合は検査を行います。主な内容は、問診と視力検査、そして細隙灯顕微鏡検査です。白内障か否かは、細隙灯顕微鏡で水晶体の透明度を調べることで診断できます。

視力検査では、裸眼視力および矯正視力をそれぞれ測定します。レンズを装着した状態で測る矯正視力が落ちているようであれば、白内障を含む何らかの視機能障害が疑われます。また、緑内障など他の目の病気の有無も確認するので眼圧検査や眼底検査も行います。

治療について

白内障と診断されると治療になりますが、その内容は点眼による薬物療法か手術療法になります。軽度の白内障であれば、進行予防を目的とした点眼治療となりますが、自覚症状の改善を目指す場合やより進行した白内障の場合は根治的な治療としての手術療法となります。

手術療法

目の手術

手術療法とは、白内障で白く濁った水晶体を取り除いて、人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入する施術です。当院では日帰りによる手術を行っております。経験豊富な医師により治療の適応を決定致します。

手術の大まかな流れですが、まず白濁した水晶体を超音波白内障乳化吸引術(専用の器具から超音波を出して水晶体を砕き、シャーベット状にして吸引する)にて取り除きます。その際に、水晶体を包んでいる袋(嚢)の後ろの部分(後嚢)は残し、この水晶体後嚢に眼内レンズを挿入します。手術は局所麻酔下で行われ、個人差はありますが、およそ20~30分くらいで終了します。

手術後は麻酔の効果が薄れるまでお休みいただき、とくに問題がなければ、そのままお帰りいただけます。

眼内レンズについて

白内障手術では、白く濁った水晶体の代わりに眼内レンズ(人工レンズ)を挿入しますが、手術を行う前に挿入するレンズをあらかじめ決めておきます。レンズは主に2種類(単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズ)あります。それぞれの特徴は次の通りです。

単焦点眼内レンズ(保険適応)

ヒトの目というのは、近くにも遠くにもピントを合わせることが可能です。しかし、単焦点眼内レンズは、近くもしくは遠く、どちらか1点にのみピントが合うレンズになります。そのため、近くに合うレンズ、あるいは遠くに合うレンズのどちらかに決めておく必要があります。
なお、ピントが1点であることから生じる不便さについては、近視用の眼鏡や老眼鏡を用いることで補います。このレンズは、レンズ代や手術代といった医療費はすべて保険適用なので、経済的負担が少なくて済むというのが利点です。

多焦点眼内レンズ(自費)

多焦点眼内レンズは遠近両用のレンズです。つまり近くと遠くの2ヵ所にピントを合わせることが可能(2焦点タイプ、他に中間距離にもピントの合う3焦点タイプもあります)なので、眼鏡の使用頻度を減らすことができます。ただ、薄暗い場所や夜間にライト等を見ると、光の周辺に輪がかかって見えたり、眩しさを感じたりすることもあるため(ハロー・グレア現象)、夜間の車の運転には不向きというデメリットもあります。
なお、単焦点眼内レンズのように健康保険が適用されることはありません。したがってすべてが自己負担となり、経済的負担は大きくなります。

診療科目
眼科
電話
03-3643-5330
住所
〒135-0047 
東京都江東区富岡1-11-3
アクセス
門前仲町駅 1番出口より徒歩1分
診療時間
休診日:水曜・日曜・祝日
初診の方・コンタクトレンズ・メガネ・眼底検査をご希望の方は、検査にお時間がかかりますため、受付終了時間1時間前までにお越しください。
 
9:00~13:00
(受付12:30まで)
14:30~18:00
(受付17:30まで)
9:00~12:00
(受付12:00まで)

Page Top